リフォームできる賃貸

リフォームと言えば、改築をも意味しますが、集合住宅でもリフォームが可能です。
一般的には、分譲マンションで行うことができます。
中には、中古マンションを購入し、リフォームすることで、新築並みにすることもあるようです。
しかし、賃貸マンションでも、リフォームできることは、もしかしたら、あまり知られていないことかもしれません。
もっとも、分譲マンションのように、自由にできるという訳ではありません。
一定の条件の下に可能となっています。
それは、オーナーから同意を得ることとです。
民法においては、物権が規定され、絶対的権利として知られています。
所有者であれば、所有物に対し、自由に変更などができることを認めています。
これは、不動産などにも及び、分譲マンションでリフォーム可能なことを意味しています。
つまり、所有者であるからこそ、自由に改築が可能ということです。
賃貸の場合、金銭を元にし、該当物件を借りていることになります。
そのため、真の所有者であるオーナーの許可を取る必要があります。
仮にキッチンをもっと使い勝手の良いものにしたいということであれば、オーナーに相談し、許可を得る必要があります。
しかし、これは大規模工事でのことです。
小規模工事では、わざわざオーナーの許可を得る必要はありません。
たとえば、トイレにウォシュレットを設置する、あるいは、エアコンを導入するなどは、許可がなくても可能です。
ただし、エアコンの場合、通気口があることが前提とも言えるかもしれません。
新たに壁に設置することになれば、穴をあけることになるので、オーナーの連絡することが、大切でしょう。
なお、集合住宅であれば、専有と共有があるため、分譲でも賃貸でも、リフォームに限界があります。
特に分譲であれば、自由にできると言っても、実際の工事には、制約が伴ってしまうことです。
その点については、注意が必要でしょう。

Copyright (C)2017集合住宅トータルガイド〜賃貸で快適に暮らすコツ〜.All rights reserved.