退去でもマナーやルール

入る時には審査がなどがありますが、出る時には自由であるのが、賃貸の集合住宅でしょう。
もっとも、オーナーからすれば、家賃をきちんと払ってもらうことが目的でもあり、入居審査があることは致し方のないことです。
けれども、退去が自由だからと言って、いい加減なことをすることは、マナーやルールから言っても、あまり好ましいことではありません。
たとえば、退去の連絡というものがあります。
これには、法律のような規制がありませんが、通常退去予定日の一か月前までが適当であるとされています。
慣習のように出来上がったようですが、賃貸の集合住宅であれば、前家賃で支払っていることが、一般的です。
翌月の家賃を先払いしている形であり、一か月前までの通知であれば、余計なお金を支払わないで済みます。
これが、一家月前までの退去通知のようです。
仮に一か月前まで通知できなかったということであれば、ペナルティーはありませんが、状況によっては、不利になることもあるため、この点については、きちんと確認しておくべきことでしょう。
また、もう使わないから関係ない、ということで、退去時に掃除などをしないのは、マナーとしても、あまり好ましくないでしょう。
したがって、引っ越し当日であっても、きちんと清掃をしておくことが大事です。
けれども、きちんと清掃しておくことで、敷金を失わない可能性もあります。
この点も、十分考慮しておくべきことかもしれません。

Copyright (C)2017集合住宅トータルガイド〜賃貸で快適に暮らすコツ〜.All rights reserved.