原状回復について

所有物件を借りているのであれば、借主には原状回復義務というものがあります。
これは、賃貸マンションでも、あるいは、賃貸の戸建てでも、どちらにも借主に課されているものです。
端的に言えば、住める状態に戻すということでしょう。
そうは言っても、元々の形に戻すということは不可能なことです。
次の人が居住できる程度の状態であると言えるでしょう。
けれども、実際、次の人が住めるような状態にするのは、オーナーの役目となります。
そのため、リフォームを施すのが通常です。
大きく変える場合もあれば、そうではない状況があります。
その際、それまでの居住者が傷めたことが明白であると判断できる場合、居住者が契約時に利用した敷金を充当します。
けれども、一般的にオーナーはリフォーム用の積立金を用意しています。
したがって、実際は、積立金で間に合わない場合に敷金を利用するということです。
こういうことから、敷金を巡るトラブルが絶えない面もあるようです。
最悪のケースでは、裁判にまで至るようです。
仮にこうならないためにも、敷金は保険の一種であるような認識が必要です。
ただし、敷金が全額戻って来ない場合は、きちんとその理由を尋ねることが大事でしょう。
また、状況によっては、敷金とは別な請求金額が発生することもあります。
それについても、明細などをきちんと尋ね、当然理由も明確にしてもらうことが、大切です。
なお、ペットが飼える賃貸住宅では、敷金が高めである傾向です。
これは、ペットがいる方が汚れや傷をつけやすいとの判断からのようです。

Copyright (C)2017集合住宅トータルガイド〜賃貸で快適に暮らすコツ〜.All rights reserved.